What's New

<空き室情報>

シェアハウス

「やすらぎの泉」の

ホームページにようこそ。

 

2017年4月21日現在で、

「やすらぎの泉」本館には、 空き室があります。

※別館は、2016年1月末をもって閉館となりました。

 

 「お問い合わせ」ページよりお問い合わせ、お申し込みをしてください。

満室でも、キャンセルが出て空きがでることがあります。とりあえずお問い合わせ下さい。

 

<ご予約は利用料の振込みをもって確定といたします>

  振込先 ゆうちょ銀行

 記号 15450

 番号 24277151

 名義 やすらぎの泉

 

<本館住所>

〒709-0441

岡山県和気郡和気町衣笠725-1

 

 

【新・除染ルール】2014.3.26.

※やすらぎの泉を、安全な環境に保ち、安心して長くご利用いただくため、ご協力をお願いいたします。

 

①靴は、新しいものをご持参ください。居住地で使っていたものは、敷地内でははかないようお願いします。(子供たちが、庭で遊びます。土いじりをしたり、小さい子は、土や石を口に入れることもあります)

 

②かばん類は、使い捨てできるキッチンペーパーなどで水拭きをお願いします。

 

③衣類は、できれば、避難用のものをご持参いただくことが望ましいです。(放射性物質は、洗っても落ちるかどうか不明です。難しい場合には、居住地では室内干しをしていた衣類をお持ちください。

 

④到着されたら、入浴と着替えをお願いします。

 

⑤荷物を送ってきたダンボール箱は、部屋の中に持ち込まないようにしてください。(荷造りするときに内側にビニールブクロを入れて、到着したらビニール袋ごと取り出すと便利です。)

 

⑥車で来られる場合には、洗車をお願いいたします。

エアフィルターの交換もお願いいたします。

 

 いろいろとご負担をおかけしますが、安心して生活できる場を確保するためご協力をお願いします。

和気シェアハウス「やすらぎの泉」開設の経緯

「やすらぎの泉」は、日本キリスト教団和気教会と東日本大震災の被災者の受け入れを支援するボランティアグループ「おいでんせぇ岡山」とが協力して開設しました。

和気教会の延藤牧師が、教会の向かいの古民家を借り受け、自分自身と向き合いたい人のためのリトリート・スペースとして利用していたものを、東日本大震災被災者さんのために活用したいと考え、おいでんせぇ岡山に声をかけられたところから計画がスタートしました。


多くのボランティアさんたちの協力で、古い荷物やゴミが片付けられ、見事にリフォームされた古民家は、2011年年7月2日より、シェアハウス「やすらぎの泉」としてスタートしました。

 

多くの人々の愛と協力によって古民家が「やすらぎの泉」としてオープンするまでのプロセスは下記のブログに詳しく記録しております。

 

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(1)
                          プロローグ。

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(2)

                       そして嵐が始まった。

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(3)

                   わくわくの嵐が吹き続けた日々。

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(4)

                  時間の長さではない、と実感した日々。

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(5)

                        嵐の終わりの日々。

シェアハウスをめぐる嵐のような1ヶ月余りを終えて(6)

                     「やすらぎの泉」開始目前

 

それ以来、常時3~4家族の母子さんたちが、入居され、大家族のような明るく温かい暮らしを繰り広げられています。 

 

7月2日に開設して以来、主に関東からの自主避難の方々が、「やすらぎの泉」での生活を楽しんでおられます。

この辺りの状況は、下記のブログに掲載させていただいております。

 

シェアハウス開設からの1ヶ月を振り返って(1)

            7月2日いよいよ「やすらぎの泉」オープンの日 

シェアハウス開設からの1ヶ月を振り返って(2)

                       足元を見直す日々(1)

シェアハウス開設からの1ヶ月を振り返って(3)

                       足元を見直す日々(2)

シェアハウス開設からの1ヶ月を振り返って(4)

                           振り返り完結